お知らせ

2016.12.08 お知らせ

名古屋市との「名古屋市における空家等対策に関する協定」の締結について

 愛知県司法書士会は、平成28年11月22日名古屋市と「名古屋市における空家等対策に関する協定」を締結しました。
 本協定は、空家等の発生の未然防止や管理の適正化などの取り組みを推進するため、名古屋市と相互に連携・協力を図ることを目的として締結したものであり、愛知県司法書士会が、空家等対策において自治体と相互に連携・協力する協定の締結は初めてのものとなります。
 空家問題を生じさせ、またこの問題への対応を複雑かつ困難にする要因には、相続登記手続が未了のまま放置されているものがあることや認知症など様々な事情によりご自身で建物の管理をすることのできない方がいること等が挙げられているところです。司法書士は相続登記の専門家であり、また親族以外の第三者後見人等としての就任実績も豊富であることから、今後、これらの専門性を活かし、土地・建物の相続登記や成年後見等に関する相談に応ずるほか、市民の方向けにセミナーを開催する等、名古屋市と連携・協力して空家等対策に取り組んで参ります。

 %e6%96%87%e6%9b%b8%e5%90%8d-_28-11-22%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e5%b8%82%e3%81%a8%e3%81%ae%e7%a9%ba%e5%ae%b6%e7%ad%89%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%8d%94%e5%ae%9a%e6%9b%b8                                              %e7%a9%ba%e5%ae%b6%e5%8d%94%e5%ae%9a